ホノルルマラソンの写真

みんなの小樽

なるみ一芳事務所

住所 〒047-0155
    小樽市望洋台1-7-20
電話 080-5477-2129
メール narumi@mirai-kita.net

明るく元気なみんなの小樽をつくる会
小樽運河の写真

小樽市に「公共施設再編」陳情書

公共施設は市民の宝であり、なくてはならないものです。あまりに拙速であり、アリバイ作りの手続きのように感じた人も多かったと思います。改めて、利用者も含めた意見の聴取に時間をかけて行なうことを求めます。
 今求められていることは、魅力ある街づくりに失敗している現状を変えることです。だからこそ、公共施設が経済原則のみで語られるのではなく、今こそ住んでよかったと言える街づくりのために公共施設を魅力あるものにしていく議論が求められているのです

宿泊税はおもてなしと逆行

そもそも、観光客は飲食やお土産、宿泊などで地元の経済に貢献している。観光客受け入れで大切なのは、おもてなしであり、リピーターを呼び込むことだ。
 街は基本的には住んでいる人がつくる。魅力的な街をつくるのは私たちの仕事だ。すてきな街をつくり、それを観光に来る人が楽しむことで経済効果を生む。
 目先のわずかなお金を得るために、観光客に課税すべきではない