爽快な風「猿芝居」

18年7月4日更新
なるみ一芳事務所 住所 小樽市稲穂2丁目14番地12号 エムケービル3階 電話 080-5477-2129 メール narumi@mirai-kita.net

2013年10月22日 北海道新聞投稿

北海道新聞21日付け「風」の記事が爽快だった。記事の概要は「TPP騒動が自民党による猿芝居」だというものである。

全くの同感である。大企業(それも日本国民には何の利益もない外国に生産拠点を置くグローバル企業)第一の自民党が過去もそしてこれからも、本気で日本の農業を守る気などないのは明らかだからだ。戦後60年余り政権を担当してきた自民党が「日本の農業を守ります。」と言いながら、食糧自給率が40%を下回り39%になっていることが何よりの証拠である。私の生まれた足寄からは多くの人が離農していった。

国民の食の安全(量だけでなく遺伝子組み換えなどの質も含めて)を守るのが独立国家だろう。TPPに参加したら食糧自給率が20%を切ることになるのかもしれないのにたまげた猿芝居だ。食糧主権という言葉があるように、農林水産物の関税主権を絶対放棄してはならない。

みえみえの猿芝居に北海道民は騙されてはならないと思う。